#

mastoriginalのblog

2016年11月アーカイブ

丁度良いリングサイズの話

2016年11月30日 10:12

大小、形も様々なダイヤが入った「リングのサイズ直し」を承りました。

サイズが大きく、指から簡単に抜けてしまうようです。

サイズはリングの幅で左右されます。

細ければ小さいサイズでも入り、逆に太くて幅があるものは、大きいサイズにしないと入らない場合がほとんどです。

リングは自分にぴったりで、丁度良いところを探した方が安心できます。

自分のサイズを知るには、近所のジュエリーショップで確認した方が間違いがありません。

その場合、着けるリング、着けたいリングの幅を確認することも大切です。

20161130.jpg


ヴァンドーム青山リングのサイズ直し

2016年11月26日 10:12

ヴァンドーム青山のマリッジリングサイズ直しが完了しました。

サイズ直しは内側に刻印のない部分で行います。

切り開いて本体と同じ材料を挟み込んで溶接します。

次に、デザインを崩さない様に周りの形に整えます。

ヤスリで荒削りをして、だんだんと細かいヤスリにして目を細かくしていきます。

最後にバフ掛けをして完成です。

サイズ直しをした部分、今回はサイズを大きくしたので一部分デザインが伸びた形になりました。

20161126.jpg


プラチナマリッジリングのサイズ直し

2016年11月25日 12:01

ブランドのリングサイズ直しを承りました。

リング内側には「ヴァンドーム青山」の刻印と「材質刻印」、「記念日の文字」が入っています。

リングのサイズを大きくするので、大きくする部分のデザインが伸びます。

デザインで上下に溝が入っています。

デザインの部分も同じように再現します。

最後に全体を磨き直してサイズ直し完了となります。

20161125.jpg


ピンブローチ

2016年11月21日 08:49

ピンを立てるには本体そのものに穴を開けて、しっかり留める方法を考えます。

それが不可能なので、本体にピン付きの板を張ることにしました。

本体が回転しないように、中心よりもちょっと上にピンを付けています。

20161121.jpg


クラウンマグネット

2016年11月20日 08:52

クラウンマークの磁石を「バッチにリフォーム」します。

裏側にピンを立てなければなりません。

バッチにする部品が市販されていればよいのですが、見たことがないので考えて作ります。

20161120.jpg


1  2

最近のブログ記事

カテゴリ一覧

月別 アーカイブ