#

mastoriginalのblog

修理の記事

昔のチェーン修理出来ます

2017年3月 3日 09:09

20170303.jpg

何十年も前に作られたであろう「ダイヤネックレスの修理」をします。

チェーンの途中で切れてしまっています。

昔はチェーンの口を溶接しないで完成だったようです。

繋げてある全てが口開きの状態です。

今ではほとんどのチェーンがロウ付け、または溶接で付けてあるので外れにくいです。

頻繁に切れるようであれば、ネックレス部分のみを買い替えする方がよいかも知れません。

思い入れがある場合は全てのコマを溶接して、簡単には切れてしまわないようにすると良いでしょう。

大切なジュエリーを紛失することは避けたいので、事前に手を打ちたいですね。


イミテーションパールの糸換え修理

2017年1月14日 09:42

イミテーションパールの糸交換をします。

預かった時には切れていて、ワイヤーとナイロンテグスを使っていました。

よりしっかり強度を持たせたいのでワイヤーとパール専用の切れ難い糸を使って糸替えしました。

一般的な一連とか二連のネックレスではなくて、レースの様に途中途中に垂れ下がるタイプです。

このタイプは初めてでよく観察して、もとと同じようになるようにしています。

エンドの金具の部分は弱くなってしまうので新しいものと交換しました。

これでしばらくは安心して使用できます。

20170114.jpg


2連珊瑚ネックレスの修理

2016年12月25日 14:45

2連の珊瑚ネックレス切れ修理です。

赤い四角い珊瑚と珊瑚の間に小さなビーズが2個ずつ並んでいます。

1本がご自宅で切れたようですが、珊瑚のパーツもビーズも足りないかも知れないと言うことです。

珊瑚を数えてみると数個無くなったのだろうと推測できました。

ビーズは完全に数が足りないので、手芸屋さんを巡ってやっと見つけました。

似たような色とサイズのもので代用することにします。

無事に糸換えと繋ぎ直が完了しました。

20161225.jpg


ピンクシルバーのネックレス修理

2016年12月13日 09:19

ピンクシルバーのネックレス修理です。

チェーンの途中が切れてしまっています。

細いチェーンとか着用頻度が高いジュエリーは、弱いところが外れたり、壊れてしまいます。

チェーン類は火を使って溶接すると火を当てた部分が「なまって」(柔らかくなる)しまって弱くなる場合があります。

この様な場合はスポット溶接ができる機械で付けるのがよいです。

マストオリジナルではスポット溶接ができるお店です。

20161213.jpg


バチカン製作

2016年11月17日 08:34

本体のタカに「バチカン」を付けました。

ネックレスのチェーンを通して完成です。

バチカンが無くなってしまったトップも無事に使えるようになります。

20161117.jpg


1  2  3  4  5  6

最近のブログ記事

カテゴリ一覧

月別 アーカイブ